健康な方でもなり得る

診断

人類に欠かせない臓器

人類には多くの臓器がありますが、その中でも比較的小さな胸腺というものが胸骨の裏側に存在し、リンパ系の一部とされています。このような胸腺はリンパ球といわれている白血球を生み出す機関となっており、それがあるお陰で、人体をウイルスなどから守ってくれているといえるでしょう。しかし、そのような重要な部分に胸腺腫瘍ができてしまうと、体を守ることができなくなってしまうので、適切な手術をして早めに取り除く必要があります。また、こちらは年齢や性別に関わらず発症する恐れがあるので、今は健康な方でも注意する必要があるといえるでしょう。

症状から知ろう

胸腺腫瘍の症状は主に3種類あるとされており、その中でも特徴的なのが咳といえるでしょう。また、この咳は通常の風邪薬を飲んでも収まることはないので、いつもの風邪ではないと思ったら、病院に行くべきです。他にも、胸部の痛みが出てくるので、痛みが出たのならすぐに内科へ受診するようにしましょう。また、これを放置してしまうと呼吸困難い陥ってしまう危険性があるので、痛みが出たら早急に対処しましょう。

大切なこと

胸腺腫瘍が出来ているおころは非常に繊細な部分ですので、難易度な手術になります。また、胸腺腫瘍は一回で腫瘍部分を全て取り除くので、大掛かりな手術になることを覚悟しておくといいでしょう。そして、この手術をすれば以前のような生活が可能になりますが、範囲が広がって他の部分も同時に切除した場合は、息がしづらいなどの症状が出ることがあるので、手術前に医師とよく話し合い納得したうえで手術を受けることが大切です。